ファクタリングなら保証人がなくても大丈夫

多額の資金調達をするような状況ですと、金融機関から保証人を求められることが少なくありません。

連帯保証人・保証人を用意するような状況だと、少なからず相手に迷惑をかけます。


保証人制度は日本特有の制度であり、保証人になる人にとっては何のメリットもありません。それゆえ保証人を用意するときは、相手に誠心誠意をもってお願いする必要があるわけです。
それでも相手側としては断りたいと考えるのが普通ですから、お願いされる側もする側も大変です。ファクタリングが重宝されるのは保証人が不要なことであり、必要となるのは売掛債権だけとなります。

ファクタリングのおすすめ情報を探すならこちらです。

担保を用意する必要もありませんので、土地や不動産がなくても大丈夫です。
ファクタリングは融通性に富んでいるのが特徴で、素早く資金調達ができる方法として都市部を中心に広まりました。

中小企業や個人事業主に対応しているのが特徴で、最近では会社員に特化したファクタリングも登場しています。


会社員の場合は給料を担保にするので、言うなれば給料の前借りに近い形になるでしょう。
ファクタリングは融資とは根本的に異なり、売掛債権を譲渡して資金調達をする手法となります。
売掛債権という商品を売却する性質上、モノを売却して資金を得る方法と似ています。



例えば300万円の価値があるクルマを売却すれば、その金額の調達が可能になるでしょう。

ファクタリングも売掛債権の価値に応じた資金を調達することができます。



利用において金利は発生しませんが、代わりに手数料が発生します。