ファクタリングは手数料が高い?

ファクタリングとは、売掛債権を買い取るサービスまたはそれを行っている業者のことです。


売掛債権は将来的に得ることができるものですが、支払いが行われるまでには時間が掛かります。

資金に余裕があれば問題ありませんが、資金に余裕がない場合や、はやく現金化したいといった場合には不利なことです。


資金を得たい場合には銀行や貸金業者から融資を受けるという方法があり、手形割引や売掛債権担保融資といった手段もありますが、あくまでもお金を借りることですから、返済しなければなりません。

ファクタリングの比較ができるサイトです。

この点でファクタリングであれば売掛債権を買い取ってくれるといったメリットがあります。
買取ですので売掛債権の支払いが行われなくても、弁済する必要もありません。
一方でファクタリングのデメリットとしては手数料が高いことです。



手数料としては額面に対してパーセンテージで示されるのが一般的で、40%程度を設定しているところもあります。

この理由としては貸し倒れのリスクがあるためですが、実際のところ手数料は売掛債権の種類や業者の考え方によって変わります。
例えば医療機関が行う健康保険への診療報酬の売掛債権に関しては3社間となり、また高い信用力があるため1%から5%と低く設定されています。



しかし、企業間の売掛債権の場合には相手企業の信用力が重要になってくるため、その信用力で手数料に差があります。このためしっかりとした企業であれば10%未満の手数料となることもあり、このような企業の場合には融資を受けるよりもファクタリングを利用した方が有利です。